記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

断捨離の敵!?貰い物編

こんにちわQです。
今日はら人からの貰い物についての独り言です。


貰うか貰わないか⁉︎


物は増やしたく無い私なのですが、人からの貰い物は断らない方です。

ミニマルライフや、持たない暮らしを送る方の中には、必要の無い物はお断りします。という方もいらっしゃるようですが、私は貰います。
ただ、どんな場合でもっていうわけではありません。


お断りしたい場合


例えば、銀行の使い道の無いサービス品などの場合は、断ることもあります。
それは、銀行員さんは、仕事の一環で行うサービスに過ぎないからです。

ミニマリストの方なら、即座に断れそうですね。
私はモタモタと貰ってしまう事がほとんどですが、帰ってすぐにゴミ箱に入れた時には、資源の大切さを想って、胸が痛いです。
次こそは断る!と心に決めます。


では、どんな場合に貰い物を受け取るのかと言うと。
(物を私にくれる人というのは、親しい人々なので、そういうつもりで書きます。)
猫


私が物を貰う時


欲しい物を貰う時
そんな時は、もちろんありがたく頂戴します。


あまり欲しく無い物の時
相手の好意からの行動であれば、喜んでいただきます。

例えば、消え物ではないお土産など。
しばらく楽しんで、いつかは捨てる事にはなりますが、気持ちを受け取るという意味で、ありがたく頂戴します。
これは、皆さんそうですよね。
捨てるタイミングとしては、大掃除や、普段以上の掃除をした折に、勢いで捨てます。


そして、
あまり欲しく無く、与える方の動機も、好意からとは言い切れない場合
私の場合、実母からの貰い物。
「それ、捨てられないからくれるんだよね?」っていうパターン。
私の母は、片付けが苦手で物が多いので、こういうことが、多々あるんです。

ここまで、ハッキリと好意か疑わしい場合ではなくても、そういうことありませんか?
姑からとか。
友達からとか。
ぷったむちゃんの立ち場で言えば、私からとか(笑)
参照記事
⬇︎
「キッチンは主婦のコックピット」

眠り猫

好意と、自分では捨てきれないから貰って欲しい、という気持ちが入り混じったパターン。

こういう場合。
もう私は、貰う事にしました。
最近決めました。

貰ったからには、使える物は使い、消費します。
どうしようもない物は、代わりに捨ててあげます!
という気持ちで。
もちろん本人には、捨てるよ!とは言いません。


特に、親世代の人に対しては、どんどん貰っていきます!
そして、捨てます。
思い入れがあったりや、物理的に処分が難しかったり、自分だけでは、捨てられない物。
そういう物ってありますものね。
私が貰わなくても、いずれ誰かが捨てることになりますから。



私も、そういう意味で、ぷったむちゃんにお世話になっています。
私の方が年配なので、若い彼女に託すんです、不用品(笑)
感謝しています。


でも、こんな風に割り切れたのは、ごく最近です。
以前、こんな事がありました。
姑が、

続く
関連記事


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QMeg

Author:QMeg
QMegです
マイホームを建てて六年目
家が好きでインテリアが好きで 日々掃除や
diyに励んでいるアラフォー二児の母
子供は15歳差の超歳の差兄妹と猫2匹
最近は引き算インテリアで掃除の楽さを優先
自然素材で庭づくりも頑張ってます!!
当ブログ、及び記事はリンクフリーです
Instagram→qmqmboat
RoomClip→Q_M
どちらも無言フォロー歓迎!

訪問者数

スポンサーリンク

charm

楽天リンク

DULTON インテリア置物

スチール4ドロワーTVラック

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。