記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

LEDシャンデリア電球レビュー


ダイニングのシャンデリアに付けるためのLEDシャンデリア電球を買いました。
今日はそのLED電球についてのお話し。


昨今のLEDの進化は目覚ましいですね。
数年前のLED電球と現在の物では、見た目も明るさも随分改善されましたね。
我が家も、電気代のかかる白熱電球は、代替え出来る範囲で、少しづつLED電球に買い替えています。
新調したシャンデリアも、LED電球をつけるつもりで購入しました。
もちろん事前に、最新のLEDシャンデリア電球もチェック。

オススメのLEDシャンデリア電球


なかでも、飛び抜けたデザイン性で目を引いたのがこちら



明るさも450ルーメンもありますし、実用性、見た目の美しさを兼ね備えています。
お値段も適正ではないでしょうか。

ちなみに
シャンデリアは1灯あたり最大40Wまで、という仕様のものが多いと思いますが、40Wの白熱電球の明るさに相当するLEDの明るさは、概ね440ルーメン以上です。

兎にも角にも、これ以上気にいるものが見つからず、簡単に購入決定!
私は炎型を注文しました。
さっそく届いたので、簡単に白熱電球とLEDの見た目を比較してみます。
白熱電球とLED比較
LEDシャンデリア電球は
炎の形が、海外のシャンデリア電球のように大胆にデザインされています。
これは、海外インテリア好きには高ポイントかなと思います。
一方で、中身のフィラメント型のオレンジが目立つ点は、好みが別れるところですね。
口金部分が、白熱電球に比べで長いので、照明器具によっては、銀色が目立つ可能性がある。
私のシャンデリアも銀色部分が出ますが、そんなに目立ちません。


フィラメント型が嫌な方には
▼こちらがオススメ

485ルーメンもあるのに、お値段も安い!




LEDの実際の明るさ


これは画像では上手く比較出来ないので、私の感想です。

白熱電球に近い、色合いと明るさだと言ってもいいと思う思います。
強いて厳しく比較すると、やはり白熱電球の光の広がり方の方が自然で、明るく感じる気がしますけれど。
光の色もやはり、白熱電球の方が綺麗です。
しかし、LEDとして、とてもよく白熱電球の灯りを再現しているとおもいます。
私は満足な明るさです。
LEDシャンデリア電球の明るさ



しかし、問題発覚!

私のシャンデリアは中古で買ったので、詳しい製造年月日などわかりませが、おそらく最近売り出された商品ではないので、LED対応ではないのでしょうか!?
LEDシャンデリア電球がスイッチoffの状態で、うっすら点灯してしまうのですOTL

LEDシャンデリア電球

?????
推測なのですが、このシャンデリアの待機電力で通電して点灯してるのでしょうか。
試しに書斎のシャンデリアに付けてみたところ、こういう現象は起きませんでした。
きちんとスイッチoffで消えました。
なので、照明器具の方の問題です。
電球のW数の上限だけ守れば、どんな電球でも使えると思っていましたが、照明器具との相性次第で、こういう事もあるのですね。
なので、きちんとLED対応を謳っている照明器具に取り付けなければいけませんね。
LEDシャンデリア電球のレビューにも、同じ現象を書き込んでいる人が居ました。
う〜む。どうしたものか。



LEDの電気代


取り敢えず、電気料金の計算をしてみます。
一日中このLEDが点灯していた場合の、1ヶ月の電気代を求めてみます。

1灯3wが6灯あるので、全部で18w。
点灯時間24時間。
こちらに入力

「家電製品の電気代を自分で計算してみよう!!簡単な計算方法紹介!」

答え
20161221215918aa3.jpg
流石LED!
仮に24時間、マックスの18wで点灯し続けたとしても、これだけの料金。
うちのシャンデリアの状態でも、スイッチOFF時は、マックスの電力消費にはならないと思うので、この結果よりも安い筈です。
少し安心出来ました。


ちなみに白熱電球の場合
40w × 6灯で、シャンデリア全体が240w
1日7時間の使用で
20161221220931ba3.jpg
やはり白熱電球は、LEDに比べて1000円程度高い。



で、結局こうなる

しかし、電気がずーっと付いている状態というのは安全面(火災の心配)はどうなのでしょうか、そこが気になるところです。
少なくともLED自体の寿命は短くなりそうです。
ダイニングのシャンデリア
クリスマスの頃の画像です。
この画像の時点では白熱電球です。
今はLEDが光っていて、オレンジのフィラメントが目立ってしまうので、写真を撮る時には、やはり気になります(-_-;)

インテリアブログなのに致命的⁉︎ 致命的!

なので、やはり書斎のシャンデリアに使用することにしました。
二階は天井高が、240cmで一階よりも30cmも低いので、夏場白熱電球のシャンデリアを付けておくと大変暑苦しいのです。
LEDになればその点が大幅に改善される筈です。
使用頻度の高い、ダイニングが省エネ化出来たら良かったのですが…。
まさかこんな事態になるとは思いませんでした。

LEDシャンデリア

しばらく使ってみての感想

電気代を気にせず使えるようになって嬉しいです。
フィラメント型だからでしょうけども、うまく表現出来ませんが、目線を動かすと微かにチラチラと明暗を線状に感じます。
それが少し気になります。
なかなか、LED電球選びは難しいですね。


これからLEDの買い替えを検討する皆さん。
照明器具事態がLED対応か、確認しましょう。
それから電球を買う際は、口金のサイズをお間違えのないよう、お気を付け下さい。

記事が長くなりました。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
関連記事


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QMeg

Author:QMeg
QMegです
マイホームを建てて六年目
家が好きでインテリアが好きで 日々掃除や
diyに励んでいるアラフォー二児の母
子供は15歳差の超歳の差兄妹と猫2匹
最近は引き算インテリアで掃除の楽さを優先
自然素材で庭づくりも頑張ってます!!
当ブログ、及び記事はリンクフリーです
Instagram→qmqmboat
RoomClip→Q_M
どちらも無言フォロー歓迎!

訪問者数

スポンサーリンク

charm

楽天リンク

DULTON インテリア置物

スチール4ドロワーTVラック

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。