記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

家とインテリアの関係を考える


私はインテリアが好きです。
どのジャンルのインテリアも好きです。
やはりそれぞれに良いなぁと思いますので。
では、今のスタイルをなぜ選んだのか、今日はそんなお話です。


お洒落な部屋の共通点


私がジャンルを問わず良いなと思うインテリアには共通点があります。

☆建物自体のつくりと馴染んでいる。
☆住人のイメージと馴染んでいる。
です。

やはり建物の造りとインテリアには相性があると思います。
ですから、窓や建具まで作り込んでいる。
もともとの建物の造りを上手く活かしている。
そんな部屋がお洒落だと感じます。


それから、住人がインテリアと調和し、部屋にしっくりと馴染んでいる様が良いと思うのです。
人が住んでこそ、インテリアは面白くなりますよね。
モデルハウスにはない、隠しきれない生活感。
それがあっても、尚お洒落である。
そういう部屋が私の目標とするところです。
なので、家を建てる時、上記の2点に留意しました。

家は輸入住宅か、輸入住宅を扱っている建築会社で建てること。
まず、この事が私の中で決まっていました。
家と合うようにインテリアは海外風ミックスインテリアに。
当時は、シャビー、白黒、アンティーク、といったインテリアが好きでした。
なので、海外風ミックスインテリアを目指せば、全て盛込めるだろうとの判断です。


輸入住宅を選んだ理由


ではなぜ、輸入住宅が良いと思ったのか。
それは、家のデザインがオーソドックスで、普遍的であるからです。
そういう家は、時が経っても、デザイン的に古く感じません。
ずっとそのままのイメージで在る、のです。
さらに日本の風景にも馴染むような、色、形なら更に良いですね。
20161110124337e47.jpeg
この画像はイメージ画像ですが、96年に建った輸入住宅と思われる近所のお宅と、数年前に建てた友達の輸入住宅を見てそう感じたのでした。

輸入住宅の外観について
Belleままさんが、ブログ「憧れの小さな輸入住宅〜ズボラ主婦の家造り」で詳しく解説さています。
⬇︎
「輸入住宅の外観デザインが美しい理由」
⬆︎
なるほど、こういう理由があったのですね!!


住人のイメージに合わせたインテリア


そして、具体的にインテリアのイメージを膨らませる段になると、特にリビングは夫が居て、似合う空間にしようと思いました。
当時のリビング
輸入住宅リビング


メンズライクなシェルフ




DUENDE(デュエンデ)「WALL TRAY(ウォールトレイ)」SHABBY


当時は家族構成が、男二人、女一人だったので、男性が居て馴染む空間の方が落ち着くかなと思ったのです。
建築会社の現場監督さんは後に、点検で我が家を訪れた際、夫が全てのインテリアを考えたと思ったそうです。
なぜなら旦那さんのイメージだから、と。
我ながら、夫に似合うインテリアに仕上がったようです。


当時の壁面デコの一部
リュモンコーヒースタンド
夫の兄の店「Ryumon coffee stand」吉祥寺にあります。


ギターの壁掛け
夫の趣味のギターをリビングに壁掛け。
いつでも弾けます。
エフェクターのような延長コンセントもアクセントに。


ギター用のフックを取り付けてます。

ギターハンガー 壁掛け用 スクリュー ビス 付き (1個)


下地の柱にしっかりと取り付けるための必需品。
これで壁の中の柱が見つけられます。

シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576



最後に

好きなインテリアのテイストに合わせて、家をカスタマイズしていくか。
家の雰囲気に合わせて、インテリアを設えていくか。
アプローチの出発点は違えど、意識すれば必ず完成度の高いインテリアが出来るはず、と私は考えます。
窓のケーシングやドアの雰囲気、壁紙の質感、よく観察して見ると、新しい気づきがあるかもしれません。

住人とインテリアが馴染む、というのは好みの問題でありますし、難しい場合もあるかもしれませんね。
ですが、フレンチカントリーの部屋に佇む強面のお父さん、というのも平和的で微笑ましく、それはそれで素敵な光景です。
関連記事


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

No title

共感は勿論v-433う~ん、なるほど!!と気付かせてもらう事いっぱい!勉強になるわv-421
同じく海外の家やインテリアの普遍的な美しさにはとても惹かれるv-10
そしてミックスインテリアにも共感!統一感に囚われなくなって更にインテリアが楽しくなった気がするわv-344
例えばヨーロピアンな中にオリエンタルなもの、上質な中にカジュアルなもの、新しいものの中に古いもの。こういうクロスオーバーが味や深みを増して自分らしいインテリアになるんじゃないかな~なんて勝手に思って楽しんでますv-426

Re: No title

Bazzさん、コメントありがとう✨
Bazzさんのインテリアもシノワズリとかオリエンタルミックスしてますもんね!!
そのミックス加減が絶妙で、こちらこそいつも勉強させてもらってるよー♪
自分らしく、好きな物取り入れて愉しむのがイイよね😊
またミックスインテリアの記事とか近々アップ予定。今、下書き頑張ってます☺️

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QMeg

Author:QMeg
QMegです
マイホームを建てて六年目
家が好きでインテリアが好きで 日々掃除や
diyに励んでいるアラフォー二児の母
子供は15歳差の超歳の差兄妹と猫2匹
最近は引き算インテリアで掃除の楽さを優先
自然素材で庭づくりも頑張ってます!!
当ブログ、及び記事はリンクフリーです
Instagram→qmqmboat
RoomClip→Q_M
どちらも無言フォロー歓迎!

訪問者数

スポンサーリンク

charm

楽天リンク

DULTON インテリア置物

スチール4ドロワーTVラック

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。