FC2ブログ

記事一覧

壁紙ペイント初心者さんへの注意喚起の巻


こんにちはQです。
風邪がなかなかすっかり治らないでいます。
医者に行ったら、屋外駐車場の自家用車に乗ったまま診察されました。
結果、風邪でしょう🤧とのこと。それも9月上旬の話。ほぼほぼ治ったのに、スッキリしない感じ〜
だけど、私は元気です。



本日の記事は、連休中決行した、キッチンの壁紙ペイントにまつわる悲喜交交や注意点などの内容となっております。



養生それが全て



皆さんご存知かと思いますが、ペイントで1番大事なのは、塗る前の養生です。
ですが、養生テープだけでは養生しきれない場合があります。


凹凸のあるクロスに塗る場合は、養生テープとコーキングが必要です。
知っていました??
私はさまざまな物をペイントしてきましたが、毎度自己流で完結してきた為、知りませんでした。
凹凸のある壁紙の養生には、コーキングもプラスするのが仕上がりの肝なのです!!


どうしてかと言うと、こういうことです↓
壁紙ペイントリスタ
(画像は下記の参考動画のスクショです)


参考動画を貼っておきます▼
DIY|水性ペンキの塗り方 -壁紙の上に塗ろう!- RESTA

コーキングを養生テープと壁紙の隙間を埋めるように塗ると、綺麗に境界が作れるのです。
ボコボコしてない壁紙はコーキングせずとも大丈夫。
うちのキッチンは塗り壁風の凹凸のあるクロスなので、コーキング必要でした。




でね、夫に説明して、参考動画もLINEで送りつけましたよ。
当日夫はチャレンジしましたよ。
壁紙ペイント養生とコーキング


でもね、絶対ちゃんと動画見てないでしょって!!
2度塗り後養生テープ剥がしたら…
壁紙ペイント4
ラインガタガタ。←まあでもこれは初めてだしこんなものかな。
でもさぁ、分かりにくいけど一部、いや写ってないところは割と広範囲に、壁紙側に塗りすぎたコーキングごとペンキ剥がれた。ショッキングすぎて、正面から写真撮れなかったのよ。


これから挑戦する皆さんは、壁紙側にはみ出たコーキングは、必ず拭き取ってくださいね
塗るのは極少量でいいみたいです。
うちの夫、がっつりチューブ絞っていってるもんね。タオルで拭きながらやっていたけど、そもそも出し過ぎなのかなって、今となっては思います。


ペンキの選び方



壁紙に塗装する時は、普通の水性ペンキではなく、壁紙の上に塗れるペンキを選ぶ!
そうでないと、壁紙のノリが干渉してベタベタしていつまでも乾かないという事態になってしまうそうです。

あとはイメージ通りの色を選べればOK ←しかしこれがなかなか難しい。


サンプルck怠るべからず



イメージ通りのペンキが欲しいなら〜〜サンプルckは怠ってはいけません。
私のように…私のようにペンキのカラー名に惑わされてはいけません。




あのねー。Naviaってとこのワインレッドってカラーのペンキを買ったの。

でもねー。私もイメージしてた色って、むしろボルドーだった\(^o^)/

だからー。ホムセン行って買ってきたペンキ混ぜたの。自己責任ってやつでね。

NAVIAワインレッド
↑これ純正の色。意外に明るく見えませんか?

カンペハピオアーチ水性ペンキの黒とブルー少々をよく混ぜて

↓塗った感じ
Naviaペンキワインレッド参考


別メーカーのペンキを混ぜることになりましたが、なんとかイメージ通りの色になりました。
あせりましました。
4リットルものペンキが無駄になるかと思い、目が××になりました。  

(混ぜたペンキも壁紙に塗れる物にしました)



乾くと色が変わるんや



カラーの話が続きます。
缶を開けた時、ワインレッド!?明るい!!どこがワインレッド!?って思いました。
しかし塗って乾かすと、ペンキって色が変わるんですね。
このペンキに関していうと、乾かした後の方が、色が暗くなります。
缶の中になみなみとある液体のペンキより、垂直面に塗り乾かしたペンキはかなり暗くなりますね。
なのでワインレッドで間違いはなかったのです。
ただ、私のイメージがボルドーだっただけで、ペンキのNaviaのペンキは悪くないです。

Nabiaペンキ4ℓ ↓赤系
多彩なカラーラインナップです。イマジンウォールペイントより安い。

ちなみに約400×240cm程の面を薄く3度塗りで少々余りました。
余ったペンキは漏斗でペットボトルに移し、暗いところで保管しています。後々剥げたところなど補修で使います。



ペイント二度塗り三度塗り




ペンキは薄く二度塗りするのが綺麗に仕上げるコツって言います。
なので、一度塗りはこんなにムラムラ。
だけど泣かないで。大丈夫。まだ2度塗りが残ってる!
壁紙ペイント1


そして2度塗り終了〜
壁紙ペイント2
まだムラ。ちょっと泣いていい。

敗因は、乾くと色が暗くなることに一度塗りが乾いた時点で気がついた事で、2度塗り目を薄くし過ぎてしまったから!
2度がっつり塗ったら、乾いた時暗くなりすぎるかなって…
薄く重ねるのが綺麗に仕上げるコツって言ってもね、2度塗り目はしっかりたっぷり塗った方が綺麗だった。
という事がわかった…


2日目で3度塗り及びガタガタラインや剥がれ面修正。
壁紙ペイント3
綺麗になりました✨
最初から、綺麗になるまで塗り重ねればいいじゃん、という気持ちでやれば泣かなくて済みます。



修正は、細い水彩画用の筆を使用。(ダイソーの)
ラインはチョコチョコ慎重にフリーハンドで描き。
剥がれてしまった箇所は、ピンポイントでそこだけ重ね塗り後、最後に境目をぼかすように周囲も薄くペイントしました。


たくさん修正箇所がありましたが、完全に乾くと目立たなくなりました。


天井との境目は修正が難しかったので、違う方法でごまかすこにしました。
その様子はまた次回に。よろしくおねがいします。
関連記事


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Yahoo!

プロフィール

QMeg

Author:QMeg
Qです
家が好きでインテリアが好きで 日々掃除や
diyに励んでいるアラフォー二児の母
子供は15歳差の超歳の差兄妹と猫2匹
最近は引き算インテリアで掃除の楽さを優先
自然素材で庭づくりも頑張ってます!!
当ブログ、及び記事はリンクフリーです
Instagram→qmqmboat
どちらも無言フォロー歓迎!

訪問者数

ランドセルワゴン

ネコタワー

PR

PR

楽天

PR