記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

金魚のおうち

以前投稿した、さいたま養殖魚まつりの記事。
いつも読んで下さっているインテリア好きさんだけでなく、金魚好きさんにも、見ていただけたようで嬉しく思っています。
ありがとうございます。
⬇︎
「さいたま養殖魚まつり 春期即売会2017に行ってきた」


はじめまして水泡眼


さて、その記事で触れましたが、養殖魚まつりで出会いがありました。
私は小さい金魚が好きなので、立派な金魚が多いであろう、養殖魚まつりでは、金魚を購入するつもりは無かったのですが…。

出会いは、何処にでもあるものですね₊˚‧(๑σ̴̶̷̥́ ₃σ̴̶̷̀ू)·˚₊
いたのです。
小さな金魚。


上記の記事内の画像にも写っています。
小さな、キャリコ水泡眼たちの泳ぐ籠。
さいたま 養殖魚まつり
この籠の中の子達、小さくてワラワラぷるぷると素晴らしくキュートでした。
あまりの愛らしさに目が釘付けになって、ずっと見ていました。
娘の存在も忘れ、ひたすら魅入ってしまいましたら、こちらの養魚場の「北川辺金魚園」の方に、「池は深いから、娘さんが落ちないように手を繋いであげて、毎回、何人か落ちちゃうのよ」と声を掛けられました。
そうなんです。この籠、深い池の上に浮いているのです。
お祭に参加される方は、お気をつけください!


そうして、真剣に眺め、選んだ金魚がこちらです。
キャリコ水泡眼
私の初めての水泡眼。しかもキャリコ♡
尾の開きは弱めだけど、私には十分綺麗な、とびきり可愛い金魚です。
なかなか近辺では、小さくて綺麗なキャリコ水泡眼には出会えません。
(charmさんでは見た事あります!)


袋に詰められ、私に連れられ、故郷を後にしました。
さいたま養殖魚まつり

水泡眼とは


水泡眼というのは、金魚の種類の一つで、頰にリンパ液が入った袋ついている、ユニークな金魚です。
らんちゅうのように、背びれがありません。

そして、キャリコ、キャリコと言っていますが、これは体色のことで、まだら模様の事です。
この画像の子はキャリコではありませんね。

私のキャリコ水泡眼は、まだ小さいので、微乳ちゃん。
大きくなったら、ボインになるかもしれません。
楽しみです♫


金魚を迎えたら


急に迎えてしまった、水泡眼ですが、金魚を迎えたら塩水浴でトリートメントをして、様子をみます。
この間は餌を与えず、静かな場所に起き、移動の疲れ癒します。
金魚 塩水浴
バケツでトリートメント中の水泡眼。
とにかく可愛い。
星は、エアストーンです。ここからブクブクがでます。



愛用バケツ。

これを2個持っています。
トリートメント中の水換えは、もう一つのバケツに、新しい水を作って並べ、しばらくおき、水温を合わせます。
水温が合ったら、金魚を新しい水の方に移動させています。
私はオタマで金魚を掬っています。


金魚のトリートメントの参考に
⬇︎
「金魚のトリートメント方法と期間|塩水浴から薬浴までを完全網羅」


水泡眼のおうち


水槽を新たに買おうと思い、物色しましたが、なかなか決まらず、とりあえずガラス鉢に投げ込み式フィルターと砂を入れてみました。
水泡眼
上見が出来て、とても綺麗だけれど、水量が少ないです。

そこで今はこうなりました。
結局、ガラス水槽は購入に至っていません。
バケツ 金魚
これ、透明バケツなのです。
バケツなので、当然ガラスではないのですが、透明度高いですよね。
水泡眼は柔らかい頰のプルプルがあるので、角の無い円柱型の水槽が欲しいなと思いました。
だけど、円柱型のガラス水槽って売っていないのですね。
水槽として使えそうな円柱のガラスフラワーベースなら持っているのですが、もう少し幅がないと金魚には不向き…。
そんな訳で、バケツ DE 金魚生活です。

こちらの商品。

魚釣りや、海に持っていくといいと思いました。
獲った生き物をよく観察出来ますよね。

水泡眼には、大きくなるまで、バケツ金魚でいてもらいます。

バケツだけれど、猫脚バスタブ完備で、可愛いおうちにしてみました。
猫脚のバスタブは私の憧れです。
ダイソーで買いましたよ(о´∀`о)
夢をバケツに詰め込みました。


最後に

金魚飼育、初心者です。水泡眼も初です。
毎日、水泡眼が元気か、ハラハラしています。

今までの金魚は、どんぶり金魚方式で飼っていたので、投げ込み式フィルターを設置するのも苦戦しました。
そういう点も、掘り下げて書いてみたいとおもったのですが、今回は水泡眼の紹介まで。

長生きしてくれるよう、楽しみながらお世話したいと思います。
ちなみに、水泡眼ちゃん、まだ懐いてません。
覗きこむと、バスタブの裏に逃げ込みます。かわいい!
関連記事


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QMeg

Author:QMeg
QMegです
マイホームを建てて六年目
家が好きでインテリアが好きで 日々掃除や
diyに励んでいるアラフォー二児の母
子供は15歳差の超歳の差兄妹と猫2匹
最近は引き算インテリアで掃除の楽さを優先
自然素材で庭づくりも頑張ってます!!
当ブログ、及び記事はリンクフリーです
Instagram→qmqmboat
RoomClip→Q_M
どちらも無言フォロー歓迎!

訪問者数

スポンサーリンク

charm

楽天リンク

DULTON インテリア置物

スチール4ドロワーTVラック

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。