記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

熱帯魚のベタのお世話と新ベタ紹介


まだご紹介していなかったのですが、以前登場した白いメスベタのほかに、もう一匹メスベタを飼っています。


白ベタを迎えたあと、また可愛いベタを見つけて買ってきました。
白ベタはこちらの記事の最後で紹介しています。
⬇︎
「秘密のコレクションと魚のこと」

ベタはスペースも取らないし、飼育の手間もほとんどかからないので、ヒーターさえ確保出来れば二匹くらいは余裕!
という理由をつけて買ってきてしまいました。

ベタのメスといえば、地味、というイメージでしたが、最近は綺麗なメスベタもホームセンターなどでも入手出来るようになりました。
とは言え、なかなかうちのメスベタ達ほど、可愛い子には出会えません(〃ω〃)



もう一匹のベタ


それではご紹介します。
我が家のメスベタ、「どすえ」ちゃんです。
ボトルアクアリウム ベタ
名前は、ぷったむちゃんがこのベタを見て、「はんなりしてて、可愛い!どすえちゃん♡」と言ってくれたことから、そのまま「どすえ」ちゃん、いただきました(*´∀`)♪


頬っぺが紅くて、口紅も(半分だけどw)つけてます。
ダブルテール メスベタ
色香漂う、ダブルテール(品種です)のメスベタです。
体が華奢なので、まだ若い娘みたいです。
ベタの平均寿命は2年程度らしいですが、中にはもっと長く生きる子もいるらしいので、うちのメスベタ達も長生きして欲しいです。
ダブルテール メスベタ



飼育環境


どすえちゃんは、直径13.5㎝程の球体型のガラス鉢に住んでいます。
見ての通りの無濾過水槽です。
ベタ ガラス鉢
ベタはラビリンス器官という謎で特殊な呼吸器官があるおかげで、小さな鉢でも酸欠になりません。
こう言う理由から、ボトルアクアリウムで飼育出来る一押しの生体です。
ですが、ある程度は泳げるスペースを確保するのと、水面は必ず空気と接するようにしなければなりません。

熱帯魚ですので、水温が低くなる時期はヒーターが必須です。
私は、ピタリ適温というシートヒーターを使用中。
温度調節はできないのですが、小さな鉢を加温するのに重宝しています。
シートヒーターの上に鉢を置くだけで、加温出来ます。
真冬に部屋が冷え込み過ぎると、思うように水温が上がらない事もあるので、水温計で確認しましょう。
小さな水温計は、アクアショップにはもちよん、100均でも売っています。





底砂のオススメはこちら。

白ベタの瓶もこれを敷いています。
土が丸い粒状の土です。
初めて使う時も、洗わずにこのまま使用できます。
水槽の立ち上げ時こそ、少々濁りが出ましたが、次の日には濁りは引いていました。
でも私は、粒を潰さない程度に、少し濯いで使います。
その方が濁りが出ません。


以前飼っていたメスベタから愛用しています。
ボトルアクアリウム
このボトルは1年間無換水で維持できました。
この黒玉土を、使うと水の出来上がりが早い様な気がしています。
これのおかげで?私はほとんど換水しません。


お世話


水槽立ち上げ直後は、様子を見ながら、2日〜3日に1度位の感覚で、最初の数回は半量弱程換水していましたが、段々感覚を開けて、換水量も減らし…、今はフンを吸い出すくらいです。
フンが目立つ時に、スポイトで吸い取り、カルキを抜いた常温の水を足しています。
ベタは酸性寄りのこなれた水を好むので、こんな感じの緩い水換えでも元気にしています。
ただし、ヒレが長いオスベタは、水質にデリケートな場合もあるので注意が必要です。


スポイトはこちらが重宝。

これ、とても便利ですよー!
これが発売される前は、灯油用の小さいスポイトをつかっていたのですが、断然専用の物の方が使い易い!!
先も丸みを帯びているので、魚にぶつかってしまっても傷つけることはありません。
今や、コレなしでは私の魚ライフは成り立ちません。
ボトルアクア 掃除
シュポシュポする部分の色が、紺とか黒ならもっと良いのだけど。


最後に

次回のベタ記事は、猫対策について書きたいと思います。
ちなみに、先日行った「さいたま養殖魚まつり」ですが、手ぶらで帰ってこれるわけもなく…。
今度、紹介します(^^)/~~~

最後までお読みいただきありがとうございました。



関連記事


ランキング参加中
クリックが応援になりますm(_ _)m

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

No title

今日の記事、「へ~~!そうなんだ!」って、言いながら拝見しました。
ベタちゃんに少し近づけた気がします。

どすえ様、色合いがキレイですね。優雅♪
水草も(で、合ってるかしら?)カワイイくて…
ハマってしまいそうなフラグが立っておりますよ。

魚いいですよ

ぴめりーさん
今日も読んでくださりありがとうございます(^_-)
ベタは、大きめのフラワーベースなどでも飼えるので、インテリア的にも楽しみが広がります。部屋の中の温度が22度くらいになったら、ヒーター無しでも飼えますので、その頃から飼い始めるなら、器とベタだけでスタート出来ます。
それから、ベタ以外にも、小さくて地味ですがアカヒレという魚。
これは冬でもヒーター要らずで、小さい容器でも飼える丈夫な魚なので、こちらもオススメします。
でも、やっぱりベタはよく慣れて、表情豊かなペットフィッシュなので、ベタが一押し👍
ショップを見て回って、運命の子に出会えたら、チャレンジするのもいいと思います♫

私はぴめりーさんがアクア仲間になったら、嬉しいなー(*⁰▿⁰*)

それから水草

ぴめりーさん
水草は、貰った物の生き残りで、ウォーターマッシュルームかもしれません。
だとしたら、完全水没よりは、葉は上に出した方が育ちますよね。きっと。
でも、今のところゆっくりだけど成長しています。
色んな水草があるので、ぴめりーさんハマったら凄くこりそうです。
水草から始めるのも素敵ですよね(^_-)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QMeg

Author:QMeg
QMegです
マイホームを建てて六年目
家が好きでインテリアが好きで 日々掃除や
diyに励んでいるアラフォー二児の母
子供は15歳差の超歳の差兄妹と猫2匹
最近は引き算インテリアで掃除の楽さを優先
自然素材で庭づくりも頑張ってます!!
当ブログ、及び記事はリンクフリーです
Instagram→qmqmboat
RoomClip→Q_M
どちらも無言フォロー歓迎!

訪問者数

スポンサーリンク

charm

楽天リンク

DULTON インテリア置物

スチール4ドロワーTVラック

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。